治療方針

美 容 と 機 能
クリニック院長 川本泰正

保険診療を中心に出来るだけ金属のものを避けて歯と似た色をした材料で詰め物の処置をしています。
これは、近年金属アレルギーを起こす方が少なくなくなってきているからであり、会話や笑顔になった際に"金属が見える"という精神的ストレスからの開放を考えているからでもあります。
現在よく問題になっている院内感染を避けるため治療用のグローブは個別にすることで他の方との接触を回避しています。
診療所の空気は業務用を含め空気清浄機を3基使用することで花粉、ホコリ等のアレルギーがある方もくしゃみや咳をおさえて無理なく治療が受けられるような環境を整えております。
糖尿病や心臓病のリスク因子でもある歯周病につきましてはハードレーザーの使用をすることで従来より痛みの少ない処置を行い、また外科処置においても出血を抑えて初期回復をより良い状態でスタートさせることができるようになりました。
ハードレーザーは多岐にわたり使用できるものであり、虫歯となった部分の殺菌や、ボロボロになってしまった歯質を硬くすることなども出来、処置自体を大事にせずにすむ事にも役立っています。
前で述べました歯周病は特に、またあるいはその他の処置にいたしましても口腔内を正常かつ清潔の状態に戻すということはまず本人が治したいという気持ちで通院を始めるということから始めなければなりません。
我々はそれをサポートし、出来るだけ痛みなどの苦痛の少ない治療を施し治療が中断せずにやり遂げられるような環境を作ることが非常に大切なことだと考えています。
痛みはないがよく物がかめないなどの異常がある方も、ぜひ一度ご相談ください。

きっと食事を楽しくするお手伝いが出来ると思います。

戻 る


川本歯科クリニック